1:海江田三郎 ★:2016/06/04(土) 10:25:20.67 ID:CAP_USER.net
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/6902
no title

 計150万マイル(約240万km)の公道実走試験を行うなど、米Googleは米国で積極的な自動運転開発を行っている。
しかし自動車業界の関係者からよく耳にするのは、「Googleは恐るるに足らず」という声だ。それは本質を捉えているのだろうか?
Googleはなぜ凄いのか、自動車業界関係者が徹底解説する。
現在発売中のWedge6月号では、「自動車産業が壊れる日」と題して、米国の自動運転開発や次世代カーシェアなどについて、
現地ルポを行い特集しています。こちらの書店や駅売店にてお買い求めいただけます。

 自動運転車の開発で、Googleが他社を凌駕している技術がある。それが、一般道まで含めた完全自動運転のソフトウェア(走行アルゴリズム)だ。
いわゆるレベル4と呼ばれるドライバー不要の自動運転車が走る時代には、このソフトウェアの良し悪しが、クルマの重要な競争要因になる。
 Googleが他を凌駕している根拠となるのが、AI(人工知能)におけるディープラーニング(深層学習)という技術だ。
 ドライバー不要の自動運転を、米国の報道ではしばしば「Drive by themselves=クルマが自ら運転する」と表現する。そのためには、走行中、
人間が脳で認識、判断している作業を、コンピューターが代替することになり、信号のない交差点で他のクルマとの発進順を判断するといった、走行に
必要なソフトウェアをそのコンピューターに搭載する。

このソフトウェアに入る走行アルゴリズムの開発は人力ではほぼ不可能なゴールの無い作業だ。自動車の運転環境は、高速道路、一般道路、生活道路等によって大きく異なる。
一般道路や生活道路では高速道路と異なり、交差点があり、信号があり、多様な道路標識があり、歩行者がいて、
実はコンピューターではバイクと見分けがつきにくい自転車もある。一般道は各国で交通ルールも若干異なり、地域の暗黙の了解といったものもある。
クルマに搭載されたコンピューターが状況判断に窮することは容易に想定される。
 そこでディープラーニングの有効性が注目されている。ディープラーニングによって学習した画像認識は、2015年には人間のエラー率より低くなったといわれる。
米国を競争の場として世界中でこうした研究開発が急激に進んでいる。今年3月、Googleの囲碁AI「アルファ碁」が韓国の
世界トップレベルのプロ棋士・李セドル九段に勝つなど、この分野におけるGoogleの技術力は圧倒的だ。
 ディープラーニングでは周りの人間や自動車の動きに対して、こうした状況ではこのように走り抜けるのが「最も正しい」といったことを、
環境データや走行データから、自ら状況把握して学習する。人間よりも早く走行方法を最適化して、そのソフトウェアを逐次クルマのコンピューターに
ダウンロードする。それを販売後のクルマに対しても行うようになる。複数の対象物を同時に早く正確に認識するなど、
人間には困難なこともやってのけ、結果的には、さも人間が運転しているかのごとく自動運転車が走るようになる。

 とりわけ自動運転の開発は、「人間の運転」を置き換える部分に集約され、人工知能の一つの初期的適用分野として最適である。
クルマは2足走行ロボットや工事現場や荒地を走行するロボットとは異なり、まず人間が運転できる道であることを前提としている。
日常生活の全てをこなすことを求めているわけではなく、交通ルールを守るという前提や、道路上で想定し得る全ての事象を認識・分析・判断対象として
網羅することも課題を限定しており、十分限定的な条件設定が可能だ。
 ディープラーニングを行う際は、大量の「生データ」が必要になる。Googleはカリフォルニア州マウンテンビューに行けば誰の目にもとまる物量で
公道実走試験を行い、せっせとデータを溜めこみ分析している。
 Googleが毎月公開している報告書によれば16年4月30日時点で、特徴的な形をしたSelf-Driving Carのプロトタイプ計34台がカリフォルニア州マウンテンビュー、
テキサス州オースチン、ワシントン州カークランド、アリゾナ州フェニックスで走行しており、これまでの総走行距離数は約150万マイル(約240万キロメートル)に及ぶ。
1週間で1万?1.5万マイルも、「ソフトウェアがクルマを運転しておりテストドライバーは手動(足を含む)の操作レバーにタッチしていない」
クルマが走行データを積み重ねている。
2:海江田三郎 ★:2016/06/04(土) 10:25:26.63 ID:CAP_USER.net
Googleに依存せざるを得ない自動車メーカー
 更に、昨年3月のTEDカンファレンスでは、Googleの自動運転開発責任者であるクリス・アームソンが毎日300万マイル(約480万キロメートル)
もの距離を自動運転車がコンピューター上でシミュレーション走行しているとコメントしている。
 クルマにディープラーニングを適用させるには、個人情報的な観点からはもちろんの事、競合上の観点からもデータを他社に出すことはできない。
Googleのように自社の実走試験から得た「生データ(一次データ)」をいかに確保できるかがポイントになる。
自動運転車が走れば走るほど、学習するデータが増え、ソフトウェアの運転は更に上手くなる。
 ただ、データさえあれば誰でもディープラーニングを行えるのかというと、そうではない。ディープラーニングには複雑な計算を解く極めて
高度な数学的知識やネットワークを介した分散処理、計算機としてのコンピューターの特性に対する高度な理解が必要だ。
 今後は、ディープラーニングを利用するためのいろいろな支援ツールが出てきて、現状よりは広く扱えるようになる可能性はある
しかし、究極的な問題解決には常に先駆的な人間の卓越した能力が必要だ。今後は更に広範なAI全体に対する知識や、脳神経科学、分子生物、遺伝学、
倫理、法学といった学際的知識も必要となる。このような高レベルの人材を一番抱えているのはGoogleだろう。

Googleが送った50項目以上の質問状
 13年5月30日に、NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)が「クルマの自動化」に関する提言(Preliminary Statement of Policy Concerning Automated Vehicles)
を発行した。その冒頭でNHTSAは、過去100年間で構築されてきた人とクルマの関係が、今後10?20年でこれまで以上の変化を遂げると指摘した。
 更に、レベル4の完全自動運転に対して、「それを実現する技術やクルマと人間とのかかわりに関する多くの課題は、
今後レベル3の開発と公道試験を通して解決されるものと確信する」とし、それを実現する社会的メリットを含め必要性を強調している。
これが3年前の話であり、提言中に示した研究期間を4年としているので、17年にはレベル4の定義が明確に提示されることが期待されている。
 このNHTSAとの間でGoogleは、「コンピューターがドライバーとして認められるか否か」について、50以上の項目に対して詳細な議論や具体的な解釈、
事実のやりとりを行っている。「クルマが自ら運転する」レベル4の自動運転開発がGoogle内部で具体的に進んでいることを示している。

ソフトウェアは競争領域ようやく認識した日本
トヨタは1月、AIの研究開発を行うTRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)を設立した。
 方向性としては正しいが、製造業のど真ん中を走ってきた日本の自動車メーカーが、これからいかにソフトウェア技術において
Googleをキャッチアップし追い越し得るのか。高い壁であることは間違いない。
 自動車メーカーだからこそ、膨大な実験のデータは得られるだろう。車載センサー、地図、走行用ソフトウェアの開発を全て
自らやろうとする発想を否定はできない。しかし、これから世界中で独自の地図を作成しメンテナンスすることなど、経済性から見てもコストが合わない。
大きく先行するGoogleよりも効果的なディープラーニングが行えるかも疑問だ。
Googleは走行アルゴリズムを開発するために、「三次元地図」と呼ぶ詳細な地図情報を自ら開発して利用している。三次元地図は車載センサーが
得た情報を照らし合わせるため、道路の勾配やカーブの角度などをデータとして持つ。しかし、IT的な発想からすれば、
Googleは今後どんな第三者から新たな三次元地図が出てきても、ソフトウェア自体に手を加えずに例えばデータ形式の変換のみで、
自動運転が行えるよう開発を進めているはずだ。
 彼らの作るソフトウェアは自分自身の地図や相手のハードに縛られることなく利用できる形式になっているだろう。つまり、コンピューターが言った
通り正確に走れるクルマを自動車メーカーが造れば、そこにGoogleのソフトウェアを載せて一足飛びに自動運転領域で名を上げる可能性がある。

 フォードが1月に公開した雪道での自動運転の実験動画は、Googleに近い自動運転技術を使ったものだった。
 自前技術に固執している時間はない。協調すべき領域は積極的に協調し「クルマが自ら運転する」、自動運転時代にふさわしい自動車開発に向けて、
自社の優位性が発揮できる競争領域に集中し進んでいかなければ、自動運転領域で日本の自動車メーカーは国際競争力を失いかねない。
7:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 10:39:42.59 ID:uCPDdKnQ.net
公道データを採取してコンピューター内で公道作ってるから
AIをちょっと改良したらすぐそのコンピューター内公道で何百万キロもシミュレートしてるんだってね。
8:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 10:43:40.06 ID:dhCmfn5A.net
この前、デンソーの社長ががっちりマンデーに出てて
自動運転が普及するのは30年後って言ってたから、
アメリカ勢を甘く見てるのか、
本気で普及してほしくないか
どちらかだと思うわ
536:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 23:55:44.86 ID:diamFBUU.net
>>8
普及して欲しくないんだろう
自動運転も電気自動車も、自動車メーカーの稼ぎ頭になると思いがちだが
自分で運転しなくなると、ユーザーの車への価値観も変わる
自動車メーカーがここ何十年かけて作ってきたビジネスモデルは半分以上壊れる可能性がある
316:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 18:06:50.78 ID:arMamzqc.net
>>8
デンソーは自動運転の方がアクセル、ブレーキ、クラッチ、ハンドル、シフトレバー、サイドブレーキみたいな運転席から機械的に繋がってる奴が自動運転だと全部アクチュエーター化されるから儲かるだろう
319:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 18:11:46.01 ID:ylieCmQM.net
>>316
デンソーとか現実の車の通信速度やノイズの問題がよくわかってるから変な希望的観測は言わないな
車の通信エラーがどれだけ問題かっていうのを実際によくわかってるからね
単にAIの頭脳の部分だけ車に移植すれば自動運転完成とか考えてる人間が多すぎ
11:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 10:51:37.21 ID:KbPtPrr7.net
グーグルだけが自動運転の技術を持つのはよくないと考える人はたくさんいるよ、
日本に限らず。
19:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:12:21.19 ID:HgerD7H5.net
>>11
シェア的にはGoogle自動運転ソフトがAndroidやWindowsになりそう
トヨタとかはプラスアルファの部分だけだろう
13:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:01:17.20 ID:N7PwNgml.net
日本では、
ソフト開発者を小馬鹿にする空気が蔓延してるし
派遣や非正規で搾取は激しいし、
コミュ力重視で非技術系の使いッパシリ扱いだし、
今のままでは、どう考えてもソフトでの日本の浮上は無理。
22:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:15:48.81 ID:ljhb+OfL.net
>と言うかアメリカしか人材がいないんだよ。
アメリカに世界中の人材が集まって来るんだよ
33:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:25:11.67 ID:w+5FtoFV.net
>>22
そう言う受け皿が作れるのがアメリカの凄いとこだね。
54:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:37:43.30 ID:yOvrC/hg.net
>>33
研究者は高給だからね
26:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:19:27.83 ID:SG+jZGCH.net
そもそも、グーグルは
あんまり車を作る気がなさそうだけど。
アップルは作るようだけどね。
31:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:22:51.47 ID:HgerD7H5.net
>>26
スマホのNexusみたいに車はOEMの他社製だろうな
27:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:19:44.94 ID:v2XqtsZi.net
> Googleは今後どんな第三者から新たな三次元地図が出てきても、
> ソフトウェア自体に手を加えずに例えばデータ形式の変換のみで、
> 自動運転が行えるよう開発を進めているはずだ。

この妄想だけで組み立てた駄論だな
Googleは独占大好きだし、本当に重要な情報は外に出してないよ
28:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:20:00.78 ID:NO8TL0CX.net
トヨタはMSと手を組んでなかったっけ?
36:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:26:35.92 ID:WvqkStkI.net
Googleの自動運転ソフト
年収2000万円以上の天才集団が開発

日本メーカーの自動運転ソフト
下請けの下請けのブラックIT土方が開発


こんなの勝てるわけねーだろwww
578:名刺は切らしておりまして:2016/06/05(日) 07:17:57.89 ID:4SUvq2xk.net
>>36
これもその通り、
日本ではピンハネ、多重請負、偽装請負がITドカタを生み出して
ヤングが寄りつかなくなった。
日本じゃ、日本人じゃ、自動運転の開発は絶対に無理。
日本社会の構造的な宿痾だからね。
39:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:27:29.43 ID:mM0KpdUm.net
スマホすらバグだらけのグーグル

弁護士が大儲けだな
ちなみにテスラはバグはテスラを買った人間の責任だってさw
40:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:28:31.86 ID:SG+jZGCH.net
テスラとアップルが自社製で、
グーグルは他社と連携だろうな。
46:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:33:31.08 ID:/u5TJRB+.net
確かに先に作って、失敗を重ねつつも研鑽して行く方が有利なのは確か。
自動運転と馬鹿にしてると、先に進んで失敗と研究を重ねた連中にいずれしっぺ返しを食らう。
58:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:40:05.29 ID:gHdF+tg6.net
>>46
運転支援という程度なら、とっくに自動車メーカーが先に進んでいる
48:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:35:29.08 ID:RwUZTXD1.net
AIの最大の弱点は悪天候だろ。

雨や雪で正確な周囲情報がえられなければ無用の長物。

ミリ波レーダーは普通の雨でも弱いよね。
52:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:37:34.30 ID:sy82/Bn+.net
>>48
人間の目よりは正確にとらえられると思うよ
5m先も見えないような豪雨の中や霧の中を事故る前提で運転しているアホより安全
61:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:43:46.51 ID:RwUZTXD1.net
>>52
>人間の目よりは正確にとらえられると思うよ

それができないから問題になってんだがw
53:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:37:34.73 ID:pr29DZ1+.net
日本てまず「日本は海外と違うから。。」といって
現状を変えたりするのを嫌がる傾向あるよね。
日本の住宅は本当に米国の住宅と比べたらしょぼいし寒いから
良いところを取り入れたらいいのに、「日本は湿度が高いから違う」とかいって
現状を維持しようとする。実際は米国でも高温多湿な地域はたくさあるんだけど。
この車のこともまず海外と日本が違うとかいってまず否定からはいる。
気がついた時はすでにシェア取られた後。
70:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:52:10.24 ID:mM0KpdUm.net
>もしも、パソコンやスマホOS並の巨大なソフトになれば
日本には市場で競争力のあるそんなソフトを開発するノウハウや組織運営能力は全然ない

自動車のOSは銀行の勘定系ソフト並みのコード数がある
スマホよりはるかに高度だよ?

ソフト品質ではアメリカは日本から見て子供w
78:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 12:00:35.85 ID:WvqkStkI.net
>>70
そのとおりだよ
誰でも知ってる

ガラパゴスの組み込みOSやニッチ市場と比べて必死で主張してるアホに絡まれ中
航空機なんてどんなニッチ市場のOS持ち出してるんだか…
72:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 11:55:25.48 ID:28kRgV8W.net
GoogleはOSをタダでばら撒く。
Androidと同じようになる。

EVに進出したいメーカーにはチャンス。
Google Carには、初めからハンドもペダルも無い仕様だから、参入する難易度はかなり低い。

Google Carは、カーシェアリングやタクシーが向いている。
自家用車を持つ代わりに、スマホで呼ぶスタイルが定着するだろう。
スマホとのセット割引とかありそう。

飛行機、電車、バスと使い分けることで、最短時間でのDoor to Door が可能になる。
免許を捨て、GoogleCarに乗ろう!
86:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 12:06:01.84 ID:Lzisg1+N.net
>>72
>GoogleはOSをタダでばら撒く。

それは希望的観測過ぎるだろwwwwwwwwwwwwww
そーなったらいーけどね
ないと思うなぁ
81:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 12:02:48.35 ID:pxKLY9yB.net
自動運転車の車検はどうなるのかねw

すげぇー厳しくなるだろうねw
96:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 12:13:04.24 ID:Lzisg1+N.net
>>81
それね、法整備と平行して進んでると思うよ

おそらく、将来的にはAIようの試験が作られて
試験に合格したAIだけが自動運転を認められる感じになると思う
人も運転免許の試験があるから当然なんだけどね
121:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 12:43:52.25 ID:u91CWXMo.net
囲碁もフレーム問題言い出したら切りねえだろ。でもちゃんと勝ててる。
125:名刺は切らしておりまして:2016/06/04(土) 12:47:09.97 ID:7+SEeSMy.net
日本じゃ道幅の関係で大半の下道で自動運転が不可能だろ
【クルマ】自前技術に固執し置き去りにされる日本メーカー、グーグルが目指す完全自動運転
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1465003520
にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ にほんブログ村 車ブログ 新車へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント一覧

    • 1. 通りすがりのドライバー
    • 2016年06月12日 11:01
    • ID:XtBboVjo0
    • 固定された軌道の上を走る鉄道でさえダイヤが守れなく、事故を起こす国で一般公道を自動運転?
    • 2. 通りすがりのドライバー
    • 2016年06月13日 14:24
    • ID:7tBrqG2U0
    • 一番の課題は自動運転そのものよりもサイバーセキュリティだと思う、
      今の仕組みだとネットワークで繋げない訳にはいかないだろうし。
    • 3. 通りすがりのドライバー
    • 2016年06月15日 14:40
    • ID:QvDbJJxI0
    • グーグルと提携することが発表されているのはFCA。

      ferrariとグーグルを合わせると何ができる?
    • 4. 通りすがりのドライバー
    • 2016年06月19日 23:21
    • ID:cR3ldtRy0
    • Googleの作る車なんてどんだけAIがすごかろうが乗りたくないわ
      すぐに壊れそう、機械としては

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック