1:ノチラ ★:2018/04/05(木) 22:02:15.29 ID:CAP_USER.net
logo-teslamotors

テスラが同社として最大のリコールを行い、約12万3,000台の電気自動車(EV)セダン「モデルS」の部品を交換する。しかし、リコール自体は深刻な問題ではない。テスラが直面する真の課題は、「モデル3」の量産が遅れていること、その品質の低さに対する指摘、「モデルX」が起こした衝突死亡事故の調査といった問題への対応にある。

テスラの電気自動車(EV)「モデルS」のオーナー数万人は、3月29日の夜に1通の電子メールを受け取った。自分の所有するEVセダンに不具合が生じる可能性を知らせる内容だった。パワーステアリングのボルトに腐食が生じる場合があり、特に路面凍結防止剤がまかれた道路を走行するとその恐れが高まるという。

メールには次のように記されていた。

「極度の寒冷地で、路面凍結防止のために塩化ナトリウム(食塩)ではなくカルシウムやマグネシウムが散布された場合に限り、パワーステアリングのボルトに過度の腐食が生じることがわかりました。それでも、テスラはモデルSの初期生産分すべてについて、パーワーステアリングのボルトの交換を実施します。どのような気候の地域であっても対象になります。今後の腐食の可能性を一掃するためです」

対象となるのは2016年4月以前に生産された車両で、世界全体では約12万3,000台に上る。まだ短いテスラの歴史で最大のリコールだ。同社は米国内の車両で実際に不具合が生じるのは0.02パーセントとの見方を示している。該当するモデルSが販売された地域では、極端な気温低下は起こらないからだ。

だが万全を期すため、対象となる車両はすべて自主回収するという。なお、全国のサーヴィスセンターで部品交換の準備を始めているが、該当車は現状でも安全に走行できるという。

リコールより深刻な衝突死亡事故の調査
それでも、このリコールによってテスラが歩む険しい道には、さらなる難関が待ち受けていることが明らかになった。テスラは現在、「モデル3」の生産を拡大しようと必死だ。投資家たちはマイナス要因にいい顔をしないだろう。

イーロン・マスクは週当たりの生産台数を当面は2,500台、6月末までには5,000台に引き上げる目標を掲げる。しかしこれは昨年の終わりに設定した数字だ。本来ならすでに達成への見通しをつけ、いまごろは鼻歌を歌っているはずだった。

そして、3月23日にはカリフォルニア州マウンテンヴューで「モデルX」の衝突死亡事故が起き、米国家運輸安全委員会(NTSB)が調査を開始した。焦点は2つある。まず、車両が高速道路の中央分離帯に衝突して炎上した際、「オートパイロット」モードだったのか。そうであれば、事故原因はこの半自動運転機能なのか。

テスラは過去にもリコールをしたことがある(15年にはシートベルトに欠陥が見つかり、約9万台のモデルSで部品交換を行なった)。生産の遅れや派手な衝突事故も初めてではない。こうしたことが世間の耳目を集めるのは、それがテスラだからだ。最高経営責任者(CEO)は有名な億万長者で、メディアと大衆が常に関心を向けている。

自動車のリコールはどのメーカーでもよくあることだという事実は、覚えておいてもいいだろう。セダンやSUV、商用車などは、何千もの可動部品が詰まった極めて複雑な機械だ。厳しい製品試験を実施しても、実際に路上を走るようになって何年もしてから欠陥が明らかになることもある。

今回の12万3,000台のリコールを相対的に眺めるために、やはり3月に発表されたメルセデス・ベンツの「GLC」クラス5車種のリコールを考えてみよう。後部座席のシートベルトに欠陥があり、計12万1,000台が対象となった。一方、ホンダも3月にミニヴァン「オデッセイ」25万4,000台をリコールしている。原因は後部座席が正しく施錠できない可能性があるからだ。

ほかにもフォード、フェラーリ、パガーニ、マセラティといったメーカーも、台数こそ少ないが、修理のための自主回収を過去4週間に行っている。繰り返しになるが、リコールは別に珍しいものではないのだ。

修理に費やされる12万3,000時間の無駄
以下ソース
https://wired.jp/2018/04/05/tesla-model-s-steering-bolt-recall/
2:名刺は切らしておりまして:2018/04/05(木) 22:05:23.66 ID:A2EBuPO+.net
さすがにちょっと無理だわ、ここで成功したとしてもその先は利益率3%の量産車の世界

投資家が求めるような
利益率20%ごえのせかいではない
5:名刺は切らしておりまして:2018/04/05(木) 22:23:59.33 ID:OzzR+RKG.net
>>2
そもそもEVになれば参入障壁が下がって新規参入が増える(という一般的な予想)わけだから、
ライバルは増えるし利益率は更に下がるわけで・・・・
BYDなんかテスラより勢いあるしな
8:名刺は切らしておりまして:2018/04/05(木) 22:34:54.01 ID:YPeCxBcy.net
バッシングされた日本の車屋が譲歩してアメリカの製造会社をたすけただけだろ

政治的産物とアメリカのギャンブル的上場企業だろ
9:名刺は切らしておりまして:2018/04/05(木) 22:36:08.22 ID:ViykYhHZ.net
トヨタのリコール数に比べれば子供の遊び
10:名刺は切らしておりまして:2018/04/05(木) 22:37:27.76 ID:ViykYhHZ.net
テスラの未来は暗いな、焦りすぎだろ
たかが電気自動車なのに、中国じゃゴマンと走ってる
13:名刺は切らしておりまして:2018/04/05(木) 22:41:50.30 ID:ViykYhHZ.net
自分でハンドル握らないなら電車乗れよ、危なかしくて道も歩けないだろ
17:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 00:07:34.86 ID:8XeTqBVB.net
0.02%って高い気がするんだが
18:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 00:13:24.30 ID:V20Nw5KH.net
ここはヤバいのかいいのかほんとわからんわ
19:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 00:27:20.53 ID:dBoCA4VX.net
パナに影響あり?
20:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 00:42:20.94 ID:TqyoH846.net
株をめぐる信者vs空売り勢のバトルのほうが面白い
39:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 07:58:42.60 ID:0+t5lnJa.net
>>20
ここ数日の株価急上昇で空売り勢が丸焼きにされててワロタ
21:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 00:58:22.34 ID:ieBiMRVn.net
使ってるタイヤがナンカン
22:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 01:19:43.55 ID:wVb9xL94.net
パガーニのリコールは興味深々
1台づつ訪問修理しそう
またはパネルバンで引取
23:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 01:28:55.45 ID:ze7uo/lH.net
マスクと関係ないんやろうけど、社名にブランド力はある。
27:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 02:40:47.31 ID:n2cfxvwM.net
家電と違って壊れたら死んじゃうからな
やり逃げしそうだからいかんわ
28:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 02:56:40.20 ID:I//hfkKy.net
>>27
家電でも火を噴いたら家が焼けてしまう
虚業から脱したいIT屋の願望こそが社会にとっては迷惑なのさ
33:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 05:48:42.20 ID:OVB67UdJ.net
プロジェクトX視点で見れば没問題
34:名刺は切らしておりまして:2018/04/06(金) 06:04:17.92 ID:MNe8DW6q.net
もうやめて!テスラの現金は0なのよ!
【EV】テスラ史上最大のリコールの陰にある「本当の難関」
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1522933335
にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ にほんブログ村 車ブログ 新車へ

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット